全身脱毛とホルモンの関係って?

全身脱毛とホルモンには深い関係があって、全身脱毛おすすめをするとホルモンバランスが崩れると思ってる人もいます。
果たして、これは本当のことでしょうか。
ここではその因果関係について解説していきます。
そもそもなぜ、こうした話が持ち上がってきたのでしょうか。
その理由は、全身脱毛を終えたあと、毛が薄くなるどころかむしろ濃くなったとか、太い毛が生えてきてしまったという経験をした人がいるからです。
そして、このような経験をした人たちが、こうなったのは全身脱毛したことによってホルモンバランスが崩れたからに違いないと考え、こうした話題が持ち上がることになったのです。
では、実際のところはどうなのでしょうか。
全身脱毛を行うことによってモツのバランスが崩れることがあるのか、またそうした因果関係が本当にあるのでしょうか。
結論からいえば、全身脱毛を行うことによってモツのバランスが崩れることはありません。
脱毛の後で太い毛が生えてきたり毛が濃くなったりする事例は確かにありますが、しかしこれはモツが原因なのではなく、施術時に受けた刺激によって毛母細胞がダメージを受けたことが原因です。
脱毛をすれば皮膚は刺激を受けますが、その刺激の結果として上記のような症状が出てしまうことがあります。
しかし、ホルモンバランスが崩れたことが原因ではないので、その点は安心してください。
このように、全身脱毛をすることによって、モツのバランスが崩れることは絶対にありません。